記事を検索

2015年1月18日日曜日

堀内衆院議員が年末・年始から挨拶・懇談や申し入れ

22日には県民会館で「要求懇談会」開催


堀内照文衆院議員は、当選以降この年末・年始に、井戸敏三県知事、中川智子宝塚市長、嶋田正義福崎町長をはじめ、兵庫県農協中央会、県医師会、県漁連、県建設労働組合など各界、団体を訪問し、挨拶・懇談を重ねました。

国会で堀内議員は、衆院厚生労働委員会と災害対策特別委員会の委員となりました。

12月25日には、建設従事者の命と健康を支えている「建設国保」に対する国庫補助について、現行の水準を維持するよう財務省に、「介護報酬」の削減を中止するよう財務省と厚生労働にそれぞれ申し入れました。

関西電力へ、高浜原発再稼働反対、電気料金値上げ撤回、原発からの撤退を申し入れる
(左から)堀内衆院議員、ふしき前滋賀県議、倉林参院議員、原田京都府議、清水衆院議員

近畿・県内の関わりでは――▽関西電力が原発再稼働の「遅れ」を理由に電気料金を再値上げしようとしていることに対し1月7日、高浜原発再稼働反対、電気料金値上げ撤回、原発からの撤退を申し入れました▽タワージャズジャパンの工場閉鎖・888人全員解雇、退職金の未払いなどについて連合兵庫北播地域協議会と懇談し、雇用と地域経済を守る役割果たすルールある経済をつくる方向が必要との認識に共感も広がっています▽借り上げ住宅の入居者追い出しの始まる年でもあり、国交省とのレクチャーも計画しています。

タワージャズジャパン労働組合代表で
連合兵庫北播地域協議会事務局次長の長谷川英明氏(左)と懇談
新年宣伝は長田神社からおらが山、大阪天満宮、大阪天神、元町大丸前、兵庫県庁・神戸市役所前で訴えました。毎週金曜日の反原発官邸前行動にも参加しました。

1月22日(木)には、午後6時半から県民会館12階の1202号室を会場に、国政への「要求懇談会」を開催します。

阪神・淡路大震災から20年。堀内議員は、被災地出身の国会議員として重責を自覚し、希望ある時代の幕開けの年としてがんばり抜く決意です。

(2015年1月18日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次