記事を検索

2015年1月25日日曜日

民青と共産党センター入試受験生励まし宣伝・対話


日本民主青年同盟県委員会、日本共産党東灘・灘・中央地区、党県委員会は1月17日、阪急六甲駅前でセンター入試の受験生を応援する宣伝を行いました。

「受験生100人に聞く!あなたが気になること教えてシールアンケート」で、初日の試験を終えた受験生に話を聞きました。

経済学部を志望しているという高校生は、「アベノミクスが気になります。効果が出ているんですかね」と話してくれました。

別の高校生が「ブラック企業が困る!」とシールを貼ると、一緒にいた友人たちもみんな「そうやそうや」とブラック企業にシールを貼りました。

「おじいちゃんがかわいそうや」と年金問題にシールを貼る高校生もいて、朝早くからの試験で疲れている中でも多くの受験生がビラを受け取り、シールを貼ってくれました。

*

民青同盟県委員会と党県委員会は1月末から始まる私立大の入学試験をスタートに、新入生歓迎運動に取り組んでいきます。

(2015年1月25日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次