記事を検索

2014年12月7日日曜日

姫路の街にひびく「やーめてんか 安倍総理!」の声


11月29日、「安倍やめろ!姫路行動」が、暴走政治ストップ!はりま共同センターの主催で行われました。

朝10時に国宝姫路城前の大手前公園を100人の参加で出発、「やーめてんか、やめてんか。やーめてんか、安倍総理」とコールしながらみゆき通りを通ってJR姫路駅までパレード、その後、ピオレ前で弁護士、中小業者、年金者、女性、子育てママ、労働者それぞれの立場から安倍暴走政治への批判のアピール行動を行いました。

「消費税増税の一方で大企業には減税。こういう中で選挙直前になって軽減税率を言い出しているが、信用できるか?」

「中学校までの子ども医療費無料化を求める署名を14,000筆、団体署名も70団体以上を集め、すべての市議の賛成で請願が採択され、冷淡だった姫路市の態度も変わった。あきらめずに訴えると変わることが実感できた」

「賃金が上がっているというがそれは一部の大企業のみ。周りで賃金が上がったとか、ボーナスが上がったということは聞いたことがない。大幅賃上げと正社員が当たり前の社会へ変えたい」―などの訴えがありました。

出田馨=西播労連事務局長)

(2014年12月7日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次