記事を検索

2014年12月14日日曜日

2013年政治資金: 兵庫県の自民・民主・維新:政党助成金、企業団体献金ドップリ

兵庫県選挙管理委員会はこのほど、兵庫県内の政治団体の2013年政治資金収支報告書を公表しました。いくつかの特徴点をみてみました。

県内の政党は、新党日本が政党要件を満たさず対象外となり、8党(共産・自民・民主・公明・維新・社民・みんな・太陽)が報告書を提出しています。ただし、太陽の党は、収支ともにゼロ円の報告、みんなの党は、県内13支部のうち3支部が未提出です。

兵庫県で活動する共産党をのぞく各党の“税金頼み”“企業頼み”の状況が、この報告からもわかります。

日本共産党は、受け取っていませんが、県下の各政党の受け取った政党助成金の総額は、3億4327万円。この47%、1億6055万円は、自民党の収入です。

県内各党の収入のなかに占める政党助成金の割合は、日本維新の会が73.4%、民主党が55.2%にのぼるなど、まるで「国営政党」です。ちなみに、これら各党の党本部の政党助成金依存度は、自民党本部64.6%、民主党82.5%、日本維新の会72.1%にものぼります。

企業・団体献金の総額は、1億8477万円。事実上の企業団体献金といわれる政治資金パーテイの収入は、1億2855万円です。自民党の収入の約4割は、企業団体献金です。

県民に依拠した財政活動―清潔な日本共産党


日本共産党は、政党助成金の受け取りを拒否し、憲法違反の政党助成金の廃止の国民的運動をよびかけています。カネで政治をゆがめる企業・団体献金も、いっさい受け取っていませせん。

日本共産党の党費収入は、1億905万円。政党全体の党費収入は、1億6198万円。日本共産党の党費収入は、全体の67%を占めています。

日本共産党が2013年に集めた個人からの寄付は、3億387万円。この個人からの寄付は、他党の受け取る政党助成金総額の88%に匹敵します。政党全体への個人からの寄付6億1875万円の半分近く(49%)は、日本共産党への寄付です。

「しんぶん赤旗」の発行にかかわる収入は、2億2605万円となっており、党費・個人からの寄付・機関紙発行などの事業活動で財政をつくっています。

各団体の収支報告書の要旨は、県選管のホームページで公開され、原本も県選管で閲覧できます。

(2014年12月14日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次