記事を検索

2014年11月9日日曜日

赤旗まつりで決意あらた

日本共産党の躍進で未来ひらこう


11月1日から3日、東京・夢の島公園で開催された第41回赤旗まつりは、3日間で約15万人が参加しました。

堀内照文衆院近畿ブロック比例候補をかこむ兵庫からの参加者

兵庫県からは県委員会のツアーに約40人、尼崎ツアーに約40人が参加したのをはじめ、約200人が参加しました。県のツアー参加者からは、まつりの感動が次々と寄せられました。

初参加の西宮市の久保田滋子さん(81)は、「すごくおもしろかった。第5福竜丸のところで核実験の歴史を展示。アメリカがいまでもやってるなんてひどい。環境に悪い。お店など全部は回れなかった。次も来たい」と話しました。

同じく初参加の嘉戸厳太さん(32)は、「人の多さにびっくり。小池さんと森永さんの対談で、消費税増税は許せないと思った」といいます。

不破哲三社会科学研究所長の「科学の目」講座を楽しみに初めて参加し、前から2列目で聞いたという橋本瑞江さん(56)は、「戦争を科学的に見る大事さを痛感。戦争ってこんなに無惨なものなんだという真実を伝えること、戦争責任を明確にすることの大事さを学んだ。不破さんは、安倍政権をウルトラ右翼と表現。負けないように頑張りたい」と語りました。

八代亜紀さんやソウル・フラワー・ユニオンのコンサートも感動を広げました。

川西市の長田くに子さん(60)も初参加。「八代亜紀さんの『心をつなぐ10円玉』の歌は、今にも通じるようで涙がでた」と語ります。

「ソウル・フラワー・ユニオンのコンサートを楽しみに来た」という小野市の藤原國子さん(66)は、「阪神・淡路大震災のときにも来てくれ、とてもよかったんです。今回は一番前で一緒に歌い踊りました」と語ります。

感動を広げた志位和夫委員長の記念講演には、「日韓・韓日議連の夕食会で唯一発言を求められたという話を聞いて、潮目が変わったと元気になった。歴史を切り開けるるように頑張りたい」(中嶋啓恚さん・68)などの感想が寄せられました。

近畿の国会議員や発表された比例第1次候補などと交流した近畿の交流会には、「近畿ブロックの大事さがよくわかった。近畿には、国会議員も候補者もキャラクターぞろい。ぜひ兵庫から国会議員を送りたい」(森中光子さん・66)との感想も。

いっせい地方選挙で垂水区から県議選に立候補を予定しているふじたに香恵子さん(62)は、「3日間すごくよかった。候補者が舞台に勢ぞろいしたのは圧巻。いっせい地方選挙に向けた会場との一体感を味わった。国民の苦難軽減、平和の守り手という立党の精神を掲げて安倍暴走政治を止めるために、いっせい地方選挙勝利に向け、決意を新たにしました」と語っています。

*

2日、次期衆議院選挙の比例候補と発表された堀内照文兵庫県副委員長は、発表に先立って開かれた近畿ブロック交流会で、この間、秘密保護法や集団的自衛権の行使容認に対して声をあげている学生との懇談にふれ、「学生のなかでも政治を変えたいという大きなうねりと、党への期待がひろがっている。国政革新のために力を尽くしたい」と語りました。

(2014年11月9日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次