記事を検索

2014年11月30日日曜日

351万得票へ奮闘各地で

12月2日公示・14日投票でたたかわれる衆議院総選挙で、35万の得票目標実現し、近畿ブロックで4議席以上、堀内照文比例予定候補を必ず国会に送ろうと各地で宣伝、対話・支持拡大などでの奮闘がひろがっています。

*


尼崎では11月23日、庄本えつこ小選挙区8区予定候補と3人の市議の生活相談エリアで4時間半にわたってモモタロー宣伝を行いました。

商店街の店主などとも対話になり握手を交わし、「がんばってやー」と好反応。園田南支部の宣伝では、「消費税増税はキッパリ中止」と訴えていると家から出てきてじーっと聞き、「もっとしゃべってくれ」と激励も。松沢ちづる市議は、市長選挙で支持を訴えてきた方に市長選挙のお礼も兼ねて電話かけ。23日は、66人と対話し、「消費税増税の中止は、ぜひやってほしい」などの声が寄せられ、ほとんどの方が支持を表明してくれています。

*

神戸・三宮で22日に行われた街頭宣伝では、堀内照文比例予定候補と平松順子小選挙区2区予定候補が訴えました。

平松候補が「しんぶん赤旗」号外を配布していると、「さっき商店街の入り口で宣伝していた人に『消費税に頼らない別の道がある』という話を聞いてすごく納得した」「殺伐としたお金中心の社会を変えたい」と声をかけて対話が弾みました。これまでは公明党に入れてきたそうですが、「ぜひ比例で日本共産党を」と訴えると、「わかりました」と語り、しんぶん赤旗も購読しました。

*

東播地区の野口北支部は、2千の得票目標実現をめざし連日のように行動しています。

訪問行動のなかでは、「なんで選挙なんや」という声も聞かれましたが、赤旗号外を見せながら、「消費税増税、原発再稼働、新基地建設などでは反対世論が圧倒的。世論と運動が追い詰めた解散で、政治を変えるチャンスです」と訴えると、「よくわかった応援する」「最近共産党伸びていてチャンスですね」「原発が気になる。孫の面倒見るようになって将来を考えるようになった」「いよいよですね」「心得ている」など好反応が次々寄せられ、支持拡大は360人まで到達しました。

支部では、「得票目標実現のために担い手をひろげたい」とさらに奮闘中です。


(2014年11月30日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次