記事を検索

2014年11月16日日曜日

「あさぎ」11月詠草:姫路年金者組合

九条の危うきときに如何にせん安倍内閣の支持率高し
誰よりも早く学びし新憲法あのとき抱きし安心感愛し
衣川有賀子

いつしかに彼岸の便り曼珠沙華朝晩冷えし畦を染めいる
深夜二時風雨の音に耳こらし不安な中にまんじりとせず
藤原信子

葉桜の舞い散る杜に詣でたり宮守りやおら腰をのばしぬ
学童が手を振り通る朝の道元気な声が躍動をしぬ
江藤雅江

耕運機新興住宅の細い道ベンツを従えゆったり進む
娘の見立て白い小花のチュニックは今夏の定番秋晴れに干す
常田洋子

遅刻して駐車場は閉められてドアの外に車止めおく
駐車場のドア明けくれて我が車見知らぬ人が止め置きくれる
田渕茂美

(2014年11月16日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次