記事を検索

2014年9月28日日曜日

丹波市へ義援金:日本共産党兵庫県委員会

日本共産党兵庫県委員会は9月17日、8月の豪雨災害で大きな被害を受けた丹波市に、この間、党のよびかけにこたえて寄せられた救援募金の中から、義援金として50万円を届けました。

辻丹波市長(右)に義援金を手渡す
松田党県委員長(中央)と西本市議(左)

この日は松田隆彦党県委員長が、西本嘉宏市議(丹波地区委員長)、西脇秀隆市議とともに丹波市役所を訪問し、辻重五郎市長に義援金を手渡し、懇談しました。

また市長との懇談に先立って、奥村正行市議会議長とも懇談しました。

松田県委員長は、豪雨災害で被害を受けた市民にお見舞いを述べるとともに、党として災害後ただちに地元・丹波地区委員会と協力し、救援ボランティアと募金活動を呼びかけ、この間160人を超えるボランティアが被災家屋の泥出しなどに取り組んできたことや、県民から預かった募金を義援金として届けることにした経緯を紹介しました。

辻市長は党県委員会からの義援金に謝意をのべ、災害当時の状況や復旧の現状などについて懇談しました。

(2014年9月28日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次