記事を検索

2014年9月7日日曜日

県・阪神7市1町合同防災訓練に米軍ヘリ参加

防災訓練が米軍のパフォーマンスの場に


訓練会場前での抗議行動

米軍基地のない県では全国初の米軍参加となった兵庫県と阪神7市1町の合同防災訓練が8月31日、芦屋市の潮芦屋フリーゾーンを主会場に開催され、各地から参加した200人が抗議行動をくりひろげました。

抗議行動は、防災訓練への米軍参加に抗議する芦屋地区実行委員会(「あたたかく民主的な市政をめざす芦屋市民の会」=あたたかい会=など3団体で構成)がよびかけたもので、市内はじめ県内外からも多くの参加がありました。

防災訓練開始の1時間前から会場入り口付近で始まった抗議行動の冒頭に、実行委員会を代表して「あたたかい会」の田中恵美子代表幹事が、「米軍参加は防災訓練の性格を変える大きな問題。米軍と自衛隊の機能強化が狙い。防災訓練を軍事訓練にさせてはならない」と挨拶しました。

抗議行動では「防災訓練への米軍参加反対!」「住民主役の防災訓練にもどせ!」「平和憲法を守ろう!」など、参加者全員によるシュプレヒコールとともに、参加者からの「1分間スピーチ」も行われ、若いお母さんをはじめ参加者が次つぎとマイクをもって反対・抗議の意思を表明しました。

会場に着陸した米軍ヘリ「ブラックホーク」

抗議行動に参加して米軍のヘリコプター「ブラックホーク」を目の当たりにした芦屋市の廣瀬久美子さん(50)は、「まるで巨大な妖怪のようで、それをバックに記念撮影をしている参加者の様子に防災訓練への真剣さが感じられず、米軍のパフォーマンスに無性に腹が立ちました」と語っていました。

前日の30日には、同実行委員会の主催による抗議集会も市内宮塚公園で開かれ、350人が参加しました。

抗議集会では、兵庫県労働組合総連合の津川知久議長が連帯の挨拶を行い、最後に「防災訓練への米軍参加は、軍事力機能強化が目的」「住民が主役の防災訓練にするため、地域から粘り強く闘う」との集会アピールを採択して、JR芦屋駅までパレードを行いました。
平野貞雄=同実行委員・芦屋市議)

(2014年9月7日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次