記事を検索

2014年9月14日日曜日

川西市議選10月12日告示・19日投票

くらし・福祉・子育て・市民参画充実―安倍暴走政治から住民守る日本共産党の4議席を


こくた国対委員長と一緒に拍手にこたえる4人の川西市議選予定候補

川西市議選(定数26)は10月12日告示・19日投票で行われます。

日本共産党は、現職の住田由之輔(67)、黒田みち(56)、北野のり子(51)の3氏と新人の吉岡けんじ氏(45)を立て、4議席確保を目指します。

日本共産党川西市議団は、市民と力を合わせて、子ども医療費、中学校給食、高齢者お出かけ促進事業などで市政を動かしてきました。また、政務活動費についても「1円からの領収書添付、市議会ホームページでの公開」などを実現してきました。

今回の市議選に向けては市民アンケートを基に、くらし・福祉・子育て・市民参加など基本政策案「みんなイキイキ川西プロジェクト」をまとめて市民に問うています。また、安倍暴走政治から住民を守るためにも日本共産党の4議席を必ずと訴えています。

350人が詰めかけた9月7日の日本共産党演説会

9月7日にはアステホールに、こくた恵二衆院議員・党国対委員長を招き演説会を開催し、350人が参加。4人の予定候補もそれぞれ決意を表明し、市議選への弾みをつけました。


【予定候補の略歴】

住田由之輔(67)=現5期=
神戸大経済学部第2課程中退。川西共同保育所運営委員、川西小学校、明峰高校PTA会長歴任。94年市議初当選。栄根第2自治会副会長。

黒田みち(56)=現3期=
キリスト教保育専門学院卒。川西市立緑保育所などで保育士23年、兵庫自治労連保育部会事務局長を歴任。02年市議初当選。北陵小学校区コミュニティなどで活躍中。

北野のり子(51)=現1期=
尼崎市立産業高校卒。食品会社勤務、川西市リサイクルアドバイザー、兵庫自治労連執行委員を歴任。10年市議初当選。

吉岡けんじ(45)=新=
大阪工業大学経営工学科卒。KKエムズテクノロジで電子機器エンジニアとして勤務。民青大阪府委員、地域労組城北友愛会執行委員など歴任。

(2014年9月14日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次