記事を検索

2014年8月31日日曜日

民青同盟兵長北地区『納涼企画! 生野銀山』


民青同盟兵庫長田北地区委員会は8月24日、「納涼企画!生野銀山」を開催。地域の青年など10人が参加しました。

地区委員会として地域の青年に全面的に訴えた企画は初めてでした。地区の民青同盟員や職場にこの企画へ周りの青年を誘ってほしいと働きかけ、同盟員のつながりからA市の保健師と長田区内の病院の新入職員が参加しました。

当日はあいにくの雨天でしたが、生野銀山の坑道で涼みながら銀山の歴史を学び、温泉で職種を超えた交流をすることができました。

同盟外の参加者から「登山が好きで富士山にも登った」と趣味の話が出されたり、車での移動中にラジオで流れた福島の子どもの発がん率のニュースを聞き「一番影響を受けるのは子ども」と話が始まるなど、さまざまな機会に青年の要求や疑問が出されました。

今回の企画に参加できなかった対象者へ報告したところ、次回の企画には参加したいと関心が多く寄せられました。

主催した民青同盟は、「〝青年の集まるところに要求あり〟という確信が持てた」「背景にある想いをていねいに拾っていくことの大切さを感じた」と話しています。

(2014年8月31日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次