記事を検索

2014年8月10日日曜日

神戸市政ウオッチングを8月30日に

神戸・市民要求を実現する会は昨年につづき、神戸市政の重要課題に関するフィールドワークを8月30日午後に予定しています。

昨年は医療産業都市や県立こども病院移転予定地などを視察。広大な未処分地を神戸市が事業地と称して何10億も投じて購入している現地の実態を見学しました。

今回は、久元新市政が重点課題として推進する「三宮巨大再開発」の実態をフィールドワークします。政府に提出している整備計画は97ヘクタールに及びます。

久元市長は「駅北側の広場を大幅にひろげ新たな駅前広場空間を創出する」「駅ビル再整備にあわせ、JR、阪急、ポートライナーの駅を直結する巨大なコンコースをつくる」「ウォーターフロントも含めたLRTを導入する」などとしています。

駅ビルの再整備で新たな店舗が入ることで、地域の「台所」として既存の市場や商店街がどうなるのか?――企画では、現地をウオッチングするとともに、バスで移動し、室内で三宮再開発計画について学習も予定しています。

*
問い合わせ先:神戸・市民要求を実現する会☎078・335・3770(兵庫労連)

(2014年8月10日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次