記事を検索

2014年7月13日日曜日

赤旗まつり:山下書記局長が記念講演

政治を動かす草の根の力


講演する山下書記局長

山下よしき書記局長は記念講演でまず、阪神・淡路大震災から19年、個人補償実現へ国会議員団、県議団、各市議団が被災者と力を合わせ政治を動かしてきたことを振り返り、「日本共産党が大きくなってこそ住民の願いが実現します」と語りました。

集団的自衛権、消費税、原発など安倍自公政権の暴走は必ずつまずくと指摘。この間のシール投票などの宣伝・対話では、若い母親、青年をはじめ幅広い層と共感、共同を広げていることを紹介し、兵庫県でも全県で取り組み、「世論の力で1日も早く安倍政権をこけさせましょう」と提起しました。

また、「人の役に立つ人間になりなさい」との祖母の教えも紹介し、「困っている人をほっとかない」日本共産党の草の根のネットワークに加わって、ごいっしょに世直しをしましょうと入党を呼びかけました。

(2014年7月13日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次