記事を検索

2014年7月26日土曜日

農業特区の狙いと本質探る学習会・7月27日

「養父市の農業特区を考える学習講演会――本当の農業振興とは」が日本共産党但馬地区委員会と県委員会の共催で、7月27日(日)午後2時~4時、8鹿公民館(養父市役所となり)で開かれます。橋本正一・元『あすの農村』編集長が講演します。

養父市「農業特区」の〝目玉〟は農業委員会から農地法第3条が規定している権限を取り上げること。それ以外は「古民家の活用」など特区でなくてもできることばかりです。

本当に「特区」で耕作放棄地の解消が進んだり、養父市の農業が元気になったりするのでしょうか――指定後も市民・農家から不安や疑問が出されています。

そもそも農業特区とは何なのか…その狙いと本質を探る学習会です。問題は養父市にとどまりません。ひろく参加をと但馬地区委員会と県委員会は呼びかけています。

(2014年7月27日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次