記事を検索

2014年6月1日日曜日

各地でシール投票:〝対話になっていい〟

丹波・がまぐっちゃんで消費税増税問う


丹波市市島町の三ツ丸ストア前で

丹波地域で日本共産党支部が「消費税アゲアゲ政治いい加減にして」プラスターを使ったシール投票に取り組み注目を集めています。

五月十七日には丹波市春日町の二つの支部の七人と西本嘉宏市議が、春日ショッピングセンターアルティ前で宣伝。

十一時から十二時までの一時間で約七十人が投票しました。うち六十人が「もうムリ!ふざけるな」に投票。「がんばって」との激励も受けました。

十七日には同市氷上町で、二十六日には市島町でも取り組まれました。

当初は「シール投票て都会むけ。田舎ではなあ」との声もありましたが、やってみると「対話になっていいわ」と好評です。

尼崎・ポーケン師匠で集団的自衛権問う


阪神尼崎駅前で

尼崎地区委員会は五月二十四日、阪神尼崎駅前で、「あなたや家族が戦場に―『海外で戦争する国』に賛成?反対?」プラスターを使ってのシール投票に取り組みました。

(2014年6月1日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次