記事を検索

2014年6月8日日曜日

戦争する国づくり許すな!:垂水区でリレー宣伝

垂水駅東口前で訴える赤田市議

「戦争する国づくり許すな!」「このまま黙っていてもいいのか、何か行動しなくては、今、声をあげるべきだ」と五月三十日、赤田かつのり市議を弁士に垂水区内の支部が連携してリレー宣伝に取り組みました。区内を宣伝カーで一巡、九カ所四十八人が参加しました。

コープ新多聞前の宣伝には支部から五名の参加、宣伝と合わせてビラを配布し、署名を訴えました。通リがかった知人に署名用紙(三十人分)も預けました。八十六歳の男性は「十八歳で志願兵として中国に渡り三年間シベリアに抑留された」と話しました。

参加した党員は、「どの地域でも、支部の人が待っていてくれたり、訴えにも反応はすごくよい。よく聞いてくれるし、じーと聞いてくれて終わったら拍手も多い」「今でしょ。支部が地域に大いに打って出るべき時で、タイムリーな行動だった」と元気いっぱいの感想を述べています。

(2014年6月8日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次