記事を検索

2014年6月1日日曜日

兵庫山河の会『山河』42号から

友と三人気ままに歩く信濃路に春は輝くしばしは平和と
安武ひろ子

取り入れし洗濯物の暖かくふうわりとして日差しの匂う
鵜尾和代

姉の手に引かれて拘置所出で来たり半世紀もの拘束耐えて
塩谷凉子

満開の桜のしたをビラ入れるあったか神戸をつくる日のため
山下 勇

憲法を崩して向かうその先は集団自衛戦争する国
西澤 愼

今日明日の悩みごとなど流しさるビニール傘に大粒の雨
新井 幸

年古ると思わざりしよ若き日は太宰の言葉は恋と革命
山下 洋美

人生は決めた歳まで生きるとかまだ道半ば靴紐直す
大中 肇


(2014年6月1日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次