記事を検索

2014年5月4日日曜日

学生時代に働くルール学ぼう:民青SD班新歓企画


日本民主青年同盟SD班は四月二十五日、新歓企画「ブラック企業+就活と学生生活」part2 を開きました。

今回の講師に招かれたのは関西大学名誉教授の森岡孝二さん。

森岡さんは、就職難の現在の状況について、「大企業と中小企業とのミスマッチ論があるが、根本的な原因はそうではなく、若者の半分が非正規雇用であるという状況にみられるように、そもそも雇用が少なくなっている。そうした状況で問題になっているのがブラック企業問題だ」と説明しました。

さらに、ブラック企業とは法令違反を平気でおこなう企業だとして、無意味な課題を押し付けるなどのパワハラで退職強要をせまる実態や、「日本海庄や」や「ワタミ」での過労死の事例を紹介しました。

学生の就活もその中で深刻化し「就活自殺」が二〇〇六年比で三倍になっている現状、さらに、学生の中にもバイト過労死やバイト過労自殺が出てきているなどの実態を報告しました。

その上で、「がまんして死んでしまってはいけないし、体を壊してしまってもいけない。やはり学生時代に働くルールをよく学ぶことが大事」と指摘しました。

質疑応答では「過労死防止法とはどんな内容か」「求人募集のしかたは本来どうあるべきか?」「社会福祉の現場で働く人たちもひどい現状にある」などの質問や意見が出されました。

(2014年5月4日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次