記事を検索

2014年5月25日日曜日

科学的社会主義の基礎理論を学ぼう―学習協が集中講座

兵庫県勤労者学習協議会が集中講座「現代を生きる基礎理論」を六月一日、十五日、二十二日の三回、神戸市立勤労会館で行います。

テキストは関西勤労者教育協会編『現代を生きる基礎理論』―そのまえがきは「多国籍企業がひろがり、経済がカジノ化し、雇用と生活に犠牲がおしつけられ、地球環境が危機にひんしています……働く人たちが未来をひらくためには……人類英知の結晶である科学的社会主義の基礎理論、さまざまな実践を総括し体系化した基礎理論を、きちんと身につけなければなりません」と呼びかけています。

講師は関西勤労協副会長の槙野理啓氏。テキストに沿って哲学、経済学、階級闘争論を学びます。

単独回の受講も可能です。

「現代を生きる基礎理論」集中連続講座(全3回)/1日(日)午前10時~午後5時、神戸市勤労会館405号/15日(日)、同403号/22日(日)、同308号/講師:槙野理啓(関西勤労協副会長)/受講料:3回連続5000円、単回の飛び込み受講可1回2000円/テキスト『現代を生きる基礎理論』学習の友社、1200円+税/Tel. 078-686-0183(JMIU)

(2014年5月25日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次