記事を検索

2014年5月4日日曜日

佐用町は2議席、たつの市では議席守れず

四月二十七日投開票で行われた佐用町議選(定数十四=前回より四減、立候補十九人、投票率77・11%)で、日本共産党は現職四人の再選をめざしましたが当選は平岡きぬえ(59)、金谷英志(56)の二氏。鍋島裕文(65)氏は次点、笹田鈴香(67)氏は次々点で及びませんでした。

日本共産党の得票合計は二千百九十三票、得票率18・21%で、前回より五百九十四票、3・67㌽減となりましたが、昨年の参院比例票の二・五倍を得ました。
*
同じく二十七日投開票で行われたたつの市議選(定数二十二=前回より二減、立候補二十六人、投票率63・34%)で日本共産党の堀譲氏(63)=現=は二十三位となり、たつの市議会は党議席が空白となりました。

堀氏の得票は九百九十八票、得票率2・51%で、前回より三百四十二票、0・60㌽減となりました。昨年の参院比例票と比べると得票数は半減しています。


(2014年5月4日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次