記事を検索

2014年4月13日日曜日

民青SD班が「消費税学習会 feat. たこパ」


民青同盟SD班は四月からの消費税増税を前にした三月二十八日、新歓企画として神戸大学名誉教授の二宮厚美氏を講師に「消費税学習会feat.たこパ」を開催しました。

二月、三月と取り組んできた入試や入学手続きでの新歓宣伝でも消費税増税への関心が高く、当日は企画案内のビラを見たり入試宣伝で対話した新入生も参加しました。

二宮氏は『総論と各論からみた消費税増税の問題点』として、消費税が弱者に厳しい税金というそもそも論から、四月の増税以降は消費税が一番多い税収になり戦後の税収の仕組みが変わってしまうと指摘。消費税と社会保障拡充は両立せず、安倍内閣が進める税と社会保障の一体改革は、社会保障を憲法から切り離し、これまでの憲法に基づく『人権としての社会保障』から『共助(助け合い)の社会保障』へと理念が変わってしまうと説明しました。最後に「若者の貧困な生活基盤・精神を打破するためにみんなで学んで立ち上がってほしい」と学生への期待を語りました。

講義を聞いた学生からは、「消費税増税は自分のこととしてあまり考えていなかったけど、これから自分にもかかわってくることだと分かった。自分は大学で福祉について学んでいるから、消費税が社会保障のためとだまされている人、しょうがないと思ってる人にも伝えていきたい」という感想が出されました。

また、参加した新入生が民青同盟に加盟しました。

(2014年4月13日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次