記事を検索

2014年4月26日土曜日

「兵庫民報」は値上げしません

読者のみなさん

日本共産党兵庫県委員会は「兵庫民報」の価格については、消費税増税にともなう変更をせず、現行の1カ月300円(税込価格、1部80円)のままとすることをこのほど決めました。

消費税増税により、兵庫民報にも、現在の1.6倍の消費税負担分がふえます。これ自身、安倍政権の増税攻撃による負担増で許せません。そのうえにたって現行価格を維持することはできないかどうか慎重に検討した結果、さらなる経営努力と、読者拡大で、当面、現行の価格を維持することはできると判断し、今回は、値上げをしないという措置をとりました。

兵庫県政の実態と民主的転換の方向をあきらかにし、県内の党と民主的諸活動の発信と交流をひろげ、活動を促進する…県党の機関紙としての紙面の充実へ、編集委員会もさらに努力を強めます。読者のみなさんも、周りの方に購読をおすすめいただくなど、発行へのお力添えをいただけますよう、おねがいいたします。


Web版をお読みのみなさん

この機会にぜひ、「兵庫民報」本体をご購読ください。Web版よりも早くお手元にお届けできます。また、行事案内欄など本体のみの紙面もあります。

お申込みはお近くの党事務所・支部または県委員会まで。

日付順目次