記事を検索

2014年4月13日日曜日

たつの市議選20日告示・27日投票

暮らしと福祉第一の市政へ日本共産党の堀氏が再選めざす


堀ゆずる氏
たつの市議選(定数二減の二十二)は、四月二十日告示・二十七日投票で行われます。日本共産党からは現職の堀ゆずる氏(63)が再選を目指します。

堀氏はこの間、暮らしと福祉を第一に、すべての議会で一般質問を行い、市民の願いを市政に届け、中学三年生までの医療費無料を実現。また、学童保育の拡充やいじめ対策、中学校給食の実施など、子育て・教育の充実や国保税・介護保険料の負担軽減に尽力。災害発生時の要援護者対策徹底を求めるなど、奮闘してきました。

今回の市議選にあたって堀氏は、①すべての小学校で自校方式による給食と中学校給食の完全実施②若者定住促進へ家賃補助の創設③国民健康保険税・介護保険料の負担軽減④住宅リフォーム助成で市内業者の仕事起こし⑤地産地消の推進と就農支援で地域農漁業の振興⑥太陽光発電など自然・再生エネルギーの普及支援―などの政策を掲げています。

選挙戦は、定数二十二に二十六人が立候補を表明。前回(定数二十四・立候補三十五人)に比べ当選ラインが大幅に上がる激戦となる見込みです。

堀氏は、消費税増税が強行されたなか、「暮らしと福祉第一の市政を」と全力で訴えています。

(2014年4月13日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次