記事を検索

2014年3月9日日曜日

ひとりで怖がっていても何も変わらない:学生たちがデモ

> 日本が戦争する国に逆戻りしようとしていることを受け、若者や学生、
> 青年の間には不安が広がっています。
> いつか徴兵されるかもしれない…そんなの嫌です! 怖いです!
>
> しかし、テレビやスマホ、ネットを見て
> 一人で怖がっていても何も変わりません。
> 「僕たちはすごく怖いんだ。嫌なんだ。不安なんだ。」という想いを
> 声にあげ街ゆく人たちへアピールをし、共感の輪を広げようと思います。

―と学生たちがTwitterやFacebookなどで呼びかけたデモ「若者からのSOSデモ!! 戦争や徴兵には行きたくないぞ。私たちは人を殺したくないし、殺されたくない。」が、3月1日、神戸・三宮で行われ、雨にもかかわらず約30人が集まりました。


学校の友だちに誘われて参加したという学生は「テレビなどをみていて、安倍さんが進めようとしている改憲の動きはこわいと思った。自分も何かできればと思っていたところに誘われたので参加しました」と話します。

また「ちょうど大学の授業で憲法を学んで、安倍さんがやろうとしていることは危ないと思っていました」と別の学生も話しました。

参加者は「YES! PEACE!」「NO! WAR!」「戦争なんて行きたくない!」などコールし、三宮マルイ前を出発、センター街を通って大丸前で折り返し、再びセンター街を通って三宮マルイ前までのコースで市民に訴えました。

(2014年3月9日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次