記事を検索

2014年3月16日日曜日

秘密保護法許さない!:昼休みにパレード


三月六日の昼休み、神戸・三宮で「特定秘密保護法を許さない3・6パレード」が行われました。兵庫憲法共同センターが中心になって県内諸団体と共催。兵庫県弁護士会も協賛し、のぼりをたてともに、神戸・三宮花時計前から元町までパレードしました。

パレードの出発に先立って松山秀樹自由法曹団兵庫支部事務局長・弁護士が挨拶し「秘密保護法は反対を押し切って強行されたが、まだ実施されてない。さらに反対の声を広げ廃止させよう。日本弁護士会がいま廃止署名にとりくんでいる、今まで悪法に反対することはやってきたが、できた法律に廃止の署名を集めるのは異例、それくらいの悪法、元気に廃止へさらに行動を広げよう」と訴えました。

小雪が舞う中、百人が「秘密保護法は廃止しろ!」「憲法違反だ!」「国民の知る権利を守ろう」と声をあげ、アピール。通行人や商店から注目が集まっていました。

この行動は秘密保護法成立前からはじまり、強行採決後も継続してとりくまれているものです。兵庫憲法共同センターは、今後毎月第一火曜に共同の行動を呼びかけ、奇数月は昼パレード、偶数月は午後六時から元町大丸前行動を行うことを呼びかけています。

(2014年3月16日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次