記事を検索

2014年3月2日日曜日

憲法県政の会第10回定期総会

持続的な運動を



憲法が輝く兵庫県政をつくる会は二月十九日、神戸市内で第十回総会を開き、二十四団体から約六十人が参加しました。

総会では、六十三万票を獲得した昨夏の知事選挙の到達点を確信に、二〇一七年の知事選挙勝利にむけて持続的な運動をすすめていくことなどを確認しました。

代表幹事で神戸女学院大学教授の石川康宏さんが開会の挨拶をし、「憲法が輝く政治のあり方を具体的に語り、知恵をだしあい創造的運動を」と訴えました。来賓として兵庫県自治体問題研究所の岡田章宏理事長が挨拶しました。

事務局長の北川伸一さんが、昨年の県知事選挙をふりかえりながら、兵庫県民をめぐる国政・県政のたたかいとその道筋について報告。「第三次行革プラン」から県民の暮らしと福祉を守るたたかいを強調しました。県政を検証し、県政の実態と「会」の活動を広く県民に知らせる活動、県民の切実な要求を集めた政策づくり、組織と機能の強化と拡大などの運動方針を提案しました。

候補者としてたたかった代表幹事の田中耕太郎さんが特別報告。「〇九年、一三年の知事選を土台に知恵と力を総結集してたたかえば、県政の刷新は必ず実現できる。その確信を全体のものにして次は勝利しよう」と訴えました。

討論では、加入団体と地域の会の代表らが発言。「ブラック企業や平和問題など青年のなかで運動を広げたい」(民青同盟)、「県民犠牲に拍車をかける行革プランをおしもどすためにがんばる」(日本共産党県議団)、「平和を守り子どもの貧困をなくすためにも、次の選挙では必ず人にやさしい県政の実現を」(保険医協会)などと熱い訴えがつづきました。

最後に、代表幹事で弁護士の松山秀樹さんが役員を提案し、代表幹事で医師の武村義人さんが閉会挨拶をのべました。
(2014年3月2日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次