記事を検索

2014年1月26日日曜日

「あさぎ」一月詠草:姫路年金者組合

「山宣」と気やすくよびて白菊の一本手向く宇治の奥津城
生垣の白山茶花の散りそめて洗はれおりし「山宣」の墓
衣川有賀子

大腸の手術に耐えて七時間夫八十一癌転移なく
退院日窓辺明るく広がりぬ祝福を背に夫は部屋出ず
藤原信子

冷え勝る夕べの風呂のガラス窓曇りてぽとりと雫となりぬ
ぷかり浮くユズの香りは冬至の湯どっぷりつかり「舟歌」うたう
江藤雅江

お雑煮を供えおれば餅好きの夫の笑顔浮かびくるなり
初詣御神籤読みつつあたる火は何処の家の廃材なるや
常田洋子

馬の絵のタオルを持ちて新年の初来訪は古き短歌友
実家にきたと元ヘルパー寿司菓子もちて訪ねてくるる
田渕茂美


(2014年1月26日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次