記事を検索

2014年1月12日日曜日

洲本市議選:日本共産党1増の3議席めざす

洲本市議選(定数十八)は三月二日告示・九日投票で行われます。

日本共産党は片岡ただし(65)=現=、近藤あきふみ(61)=新=、まもり和生(63)=新=の三氏をたて、前回改選時から一議席増の三議席確保をめざします(年齢は投票日)。まもり氏は小坂まさかず市議との交代です。三氏の略歴を紹介します。

片岡ただし=一九四八年由良町由良生まれ。洲本実業高校卒。内田町内会副会長や由良中学校PTA会長、消防団役員など地域の発展に寄与。八八年市議初当選、七期目。現在、党市議団長、議会運営副委員長。

近藤あきふみ=一九五二年洲本市中川原町生まれ。明石工業高等専門学校卒業後、兵庫県入庁。洲本土木事務所・洲本農林水産事務所などに勤務。県職員労働組合淡路支部の支部長を十年にわたり務めた他、中川原小学校PTA会長、少年野球父母の会会長、土地区画整理の役員を歴任。現在、淡路合唱連盟事務局長、党雇用・まちづくり対策部長。

まもり和生=一九五一年佐用郡佐用町生まれ。関西大学二部文学部卒業後、西宮市職員、尼崎市公立小学校教員。この間、尼崎市教職員組合委員長などで活躍。その後、洲本市立洲本第三小学校・安乎小学校臨時教員、南あわじ市家庭児童相談員、花と緑のNPO法人役員など歴任。現在、淡路島平和委員会事務局長、洲本年金者組合副支部長、党くらし・福祉対策部長。


(2014年1月12日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次