記事を検索

2013年12月1日日曜日

TPPから直ちに撤退を:グリーンウエーブ実行委員会がシンポ


全農兵庫労組、みのり農協労組、兵庫労連、兵庫農民連、兵庫保育運動連絡会、新婦人県本部、ネッスル日本労組兵庫支部、兵庫食健連でつくる「兵庫県グリーンウエーブ実行委員会」が十一月二十四日、神戸市中央区のたちばな職員研修センターでシンポジウム「TPP このまま進めて大丈夫?」を兵商連、兵庫県保険医協会の後援も受け、開きました。

特別講演で鈴木宣弘・東大大学院教授は、人々の命、健康、暮らしを犠牲にしても短期的なもうけを優先する一握りの企業の利益に結びついた一部の政治家、官僚、マスコミ、研究者が国民大多数を欺いてTPP、それと表裏一体の規制緩和などを推進していると指摘し、「聖域は守る」「保険の自主性は守る」「食の安全基準は守る」「医療・薬価制度は守る」など安倍政権のウソをそれぞれ実態を暴露して批判しました。その上で、アジア主導の柔軟で互恵的な経済連携が世界の均衡ある発展につながると提起しました。

また、兵庫食県連の柳澤尚事務局長、兵庫労連の津川知久議長、兵商連の村上哲也副会長、兵庫県保険医協会の西山裕康副理事長が、農業、雇用、中小業者と地域経済、医療についてそれぞれTPPの問題点を批判しました。

最後に実行委員会から「TPPから、ただちに撤退を」の声をさらに大きく広げてようと呼びかけられました。


(2013年12月1日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次