記事を検索

2013年12月1日日曜日

レッド・パージ訴訟報告集会に明神勲名誉教授

12月14日に開催


レッド・パージ国家賠償請求訴訟の報告集会が十二月十四日午後一時三十分から神戸市勤労会館で開かれます。

明神氏の著書
この集会では、「レッド・パージはGHQの指令・指示によるもので、憲法も日本政府の権限も及ばなかった」との定説を史料に基づいて検証、否定した明神勲北海道教育大学名誉教授が「レッド・パージを問うことの今日的意義」と題して講演します。「生きているうちに名誉回復を」と再審請求した原告を支える運動に弾みをつけます。

レッドパージ60周年集会(2010年)で挨拶する明神氏(左)と安原、川崎、大橋の3原告




レッド・パージ国家賠償請求訴訟報告集会/14日(土)13時30分、神戸市勤労会館405号・406号/講演「レッド・パージを問うことの今日的意義」明神勲=北海道教育大学名誉教授/資料代500円/☎078‐382‐0121(あじさい法律事務所)

(2013年12月1日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次