記事を検索

2013年11月10日日曜日

神戸憲法集会:国民との矛盾広げる安倍“壊憲”

点から線、面へ共闘広げよう


神戸憲法集会での若手弁護士による寸劇

「神戸憲法集会―安倍政権の壊憲を許すな!」が十一月三日、新長田勤労市民センターで開かれ、約三百人が集まりました。

主催者を代表して佐伯雄三弁護士(自由法曹団兵庫県支部長)が開会挨拶し、文化行事として兵庫県の若手弁護士による寸劇「憲法ができるまで」が上演されました。

記念講演は、「アジアにおける憲法第九条」と題して和田進神戸大学名誉教授が行いました。

講演で和田氏は―

安倍政権の解釈改憲・立法改憲について①「特定秘密保護法」案や国家安全保障会議の設置などの軍事国家体制づくり②集団的自衛権にかんする政府憲法解釈の変更③国家安全保障基本法の制定④「日米防衛協力の指針」の改定―など内容を詳しく解説。

一方、日本国憲法の平和主義原理が、戦争責任の自覚と再び抑圧者・侵略者とならないというアジア諸国民に対する誓約であると同時に、世界史的にすすめられてきた「国家による軍事力行使」を否定して「国民・世界の人民の平和的生存権」の確立をめざすものであり、憲法九条にもとづく実践として、中国侵略への誠実な総括と謝罪、尖閣諸島問題での話し合いによる解決、東アジア秩序の構築などを提起しました。

最後に安倍政権のジレンマとしてあらゆる課題で、国民との矛盾を深めていることを紹介、一点共闘の積み重ねによる「線」から「面」への共闘を広げることの必要性を訴えました。

また、津川知久氏(憲法会議代表幹事・兵庫労連議長)が閉会挨拶で、今国会に上程された「特定秘密保護法案」を阻止する運動を呼びかけました。

(2013年11月10日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次