記事を検索

2013年11月10日日曜日

受講受付中:特別講座「現代アメリカを理解するために」

映画やロックミュジックなどアメリカ文化が若者に浸透している反面、安保条約に基づいて日本の米軍基地化、経済への干渉など日本の主権を蹂躙しているアメリカについて、一体どういう国なのか、その全体像が十分に知られていません。

兵庫革新懇は、アメリカ現代史の第一人者である大塚秀之神戸市外国語大学名誉教授を講師に招いて特別講座「現代アメリカを理解するために」を開講します。

イギリスからの独立をはたし「自由と民主主義の国」としての一定の歴史的役割を果たしたアメリカの歴史とその変遷、現代史に到るまで四回にわたって詳しく講義されるこの講座に多数の参加をと呼びかけています。

講義日とテーマは次の通りです。


  • 一回目(11月24日)「オバマのアメリカ」
  • 二回目(12月22日)「アメリカ現代史1 南北戦争~第二次世界大戦」
  • 三回目(1月26日)「マルクス・エンゲルス・レーニンとアメリカ」
  • 四回目(2月23日)「アメリカ現代史2 唯一の超大国の成立と崩壊」


四回とも日曜日、時間は午後1時30分~4時30分(講義二時間、休憩・質疑一時間)、会場は兵庫県私学会館。

参加費は四回一括三千円(豊富な資料とレジュメ)。定員三十名。問い合わせ・申込みは兵庫革新懇まで(定数になり次第締め切り)。☎・Fax 078-351-2610

(2013年11月10日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次