記事を検索

2013年11月17日日曜日

あすわか兵庫支部始動

明日の自由を守る若手弁護士の会


自民党改憲案の危険性訴え「明日の自由を守る若手弁護士の会」は、自民党の憲法改正案の内容とその怖さを広く知らせることを目的に若手弁護士の有志で結成され、会員は全国で二百六十名を超えています(十日現在)。ウェブサイトはhttp://www.asuno-jiyuu.com/ フェイスブックのアカウント名はasunojiyuu

その兵庫支部(略称「あすわか兵庫支部」)が十月二十五日に立ち上がり、さっそく活発な活動を展開しています。(以下facebookから管理者の承諾を得て転載)。
*

十一月六日の朝八時過ぎ、神戸駅北口で「あすわか兵庫支部」の街頭宣伝が行われました。

あすわかのリーフ「憲法が変わっちゃったらどうなるの?」と特定秘密保護法案に対する反対のチラシが記載されたティッシュを配布し、その間、吉江仁子弁護士(あいおい法律事務所)が挨拶、今西雄介弁護士(神戸合同法律事務所)が自民党改憲草案について、八木和也弁護士(中神戸法律事務所)が特定秘密保護法案の危険性についてスピーチを行いました(写真は今西弁護士)。

ティッシュは六百五十部ほどあったのですが、行き交う人たちが次々に受け取り、三十分ほどで全て配布し終わりました。中には立ち止まってスピーチを聴く方もいたようです。

今後、毎月一回はこのような街頭宣伝を行う予定とのことです。

(2013年11月17日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次