記事を検索

2013年10月6日日曜日

TPP参加阻止!国会報告


日本共産党兵庫県委員会は「TPP参加阻止のための国会報告会」を九月二十八日、こうべまちづくり会館で開き、紙智子参院議員がTPP交渉の経緯、危険性、最新の情勢まで総合的に報告しました。

紙智子参院議員

特に、オバマ政権が年内妥結を強引に迫り、安倍政権はそれに追随するばかりか守秘契約を盾にいっさいの情報を国民に開示しないまますすめていること、安倍首相が交渉参加前に公言していた「重要農産物の聖域確保」は無理であることなどを指摘。「TPPは国民に百害あって一利なし。交渉から即時撤退しかなく、TPP反対の一点共同をさらに広げましょう。私たちも国会で追い詰めます」と訴えました。

満席となった会場

兵庫農民連の永井脩会長が今年の米価暴落の状況、兵庫県保険医協会の川西敏雄副理事長が混合診療、ISD条項の問題、兵庫食健連の柳沢尚事務局長が輸入食品の検査などがないがしろにされる問題など、会場からも各分野でのTPPの危険性の報告がありました。

(2013年10月6日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次