記事を検索

2013年10月13日日曜日

「あさぎ」十月詠草

 姫路年金者組合

野も山も秋雨のベールに包まれる払いのけたしあすは短歌日
夕暮の稲穂のたれる畦道に仄かにごはんの炊きあがる香り
藤原信子

秋彼岸法師蝉の声まばら行き交う人の風のふれくる
災害をうけし人等にふりそそぐ下界を照らす月光まぶし
江藤雅江

人として分を知りしや寡黙なる補欠選手の達也輝く
伏兵と言われし達也の一点の記事読まむとてスポーツ新聞買う
衣川有賀子

狭庭辺にお羽黒とんぼ現れて木陰をえらびて低く飛びゆく
増水し茶色に流れる市川に餌を求めて飛び交う白鷺
常田洋子

命一つ今年も継げた報告に「あさぎ」三号貴方に贈る
私の生活短歌見て下さい主治医に渡せば畑出来るかと
田渕茂美

(2013年10月20日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次