記事を検索

2013年9月8日日曜日

神戸市長選:「あったかの会」各区で結成

市民の願いかなう神戸に


雨の中、出勤する人々に「あたたかい神戸市政を」と訴える
ぬきなさんら(2日、元町駅前)

灘区の会結成総会に100人


満席となった灘区の会結成総会

神戸市長選挙(十月十三日告示、二十七日投票)にむけて八月三十日、灘区では「あったか神戸・灘区の会」の結成総会が開かれ、各団体や地域から百人が参加しました。

総会には、「市民にあたたかい神戸をつくる会」(略称=あったか神戸の会)の共同代表で市長候補の、ぬきなゆうなさんと、九十五歳になる母親の貫名初子さん(元神戸市議)=写真右=が挨拶しました。

ぬきなゆうなさんは、「あったか神戸の会」から、市民本位に市政を変えるためにと要請をうけ、悩んだことにも言及。阪神・淡路大震災の直後、市民が苦しんでいるときに神戸空港の建設を強行したこと、震災から十八年になるいま、借上げ住宅から入居者を追い出そうとしていることにたいし、住民いじめをやめさせるため、“だめなものはだめ”とがんばりたいと思ったとのべました。中学校給食実現などの運動を市民といっしょにとりくんできたことにもふれて、「生まれ育った神戸を、住みよいまち、子育てしやすいまちにするためがんばる」と決意を表明しました。

神戸市政をめぐる情勢について味口としゆき市議が報告。新日本婦人の会の高橋篤子さん(準備会事務局)が「灘区の会」結成に至る経過と今後の活動を報告。各分野から七人が発言しました。


東灘区、垂水区など


市民にあたたかい神戸をつくる東灘の会(あったか神戸・東灘の会)は八月三十一日、「スタート集会」を開き、ぬきなゆうなさんが決意表明しました。

垂水区は八月三十日、「市民にあたたかい神戸をつくる垂水区の会」(仮称)準備会をもち、垂水駅前宣伝や結成総会(九月十四日)など当面の計画を決めました。


(2013年9月8日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次