記事を検索

2013年8月25日日曜日

「あさぎ」八月詠草:姫路年金者組合

朝まだき香呂の駅のビラ配り風運びくるパン焼く匂い
朝の五時二百枚のビラ配り終えシャワーを浴びる夫の背広し
藤原信子


かばやきの匂いたちくる厨辺に骨も煮込んだ濃あるたれの
つやめきて葉の色ふかき泰山木花つきも良し木陰も深し
江藤雅江

憲法をナチスに倣ひ変えてはと本音洩らしぬ麻生太郎は
裏山に猪群れて駆けめぐる村に戻りしフクシマの農
衣川有賀子


合歓散りて宵待ち草の咲きそめし七夕の夕次女は生れり
人気なき春日山城の跡に咲くほたるぶくろの淋しき白さ
常田洋子


長年のうぐいす嬢も乗車と下車ままならず活動停止
三日かけ六千枚の証紙貼るせめてわたしの出来る活動
田渕茂美


(2013年8月25日付「兵庫民報」掲載)



日付順目次