記事を検索

2013年8月18日日曜日

原水爆禁止世界大会:青年ツアーに24人が参加

学び、交流し、非核へ確信

NPT再検討会議準備委員会参加へ決意を述べる岸さん

兵庫県内の高校生から社会人まで二十四人の青年が原水爆禁止世界大会へ参加しました。

一行は長崎へ到着後まずは平和公園や爆心地を見学し、兵庫県内の駅頭などで集めた折り鶴を奉納しました。

そして開会総会に参加し、はじめに亡くなられた山口仙二さんを追悼して黙祷しました。続いて長崎市長、日本被団協の谷口稜嘩さん、国連代表や海外代表などがあいさつしました。

総会後にひらかれた「核兵器をなくす青年交流集会Ring!Link! Zero」では「核兵器をなくしたいと思うか?」「核兵器はなくせると思うか」という二つの質問を会場になげかけながら対話形式で進めていき、核兵器の廃絶はどうすればできるのかを参加者みんなで考えました。

二日目は分科会でそれぞれ分散して学んだあと、民医連や民商など兵庫県全体から参加している青年で交流会を開催、約四十人が集まりました。六グループに分かれてそれぞれ二日間で学んできたことを交流し、最後に「私の非核宣言」にまとめて発表しました。「一人ひとりの小さなpieceが大きなpeaceへ」「核廃絶の運動をもっと広げるぞ」「考・感・伝」など、それぞれが感じたことを自由に表現しました。

最終日は閉会総会に参加、ニューヨークで開かれるNPT再検討会議の準備委員会に参加する岸輝彦さんが「核兵器の廃絶に向けさらに大きな署名を集め、ニューヨークへ行ってきます」と発言しました。

閉会総会後には、原爆資料館を見学して学びました。

初めて原水爆禁止世界大会に参加した学生は「核兵器について普段考えたりしてなかったけど、今回のツアーで色々と考えさせられた」と感想を話しています。(2013年8月18日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次