記事を検索

2013年7月4日木曜日

参院選:日本共産党、がんばって!

金田峰生(兵庫選挙区)、山下よしき(比例代表)の第一声では、青年、若い母親、労働者がそれぞれ日本共産党への期待を語りました。

日本民主青年同盟県委員長の力重智之さんは、「50社以上受けてるけど全然だめ」など就職活動中の学生の苦しい思い、就職できてもまともに生活できない賃金などの実態、また、奨学金をあと40年間払いつづけなければならない例などをあげ「もっと学費をほしい」「お金の心配なく学びたい」という声も紹介。「これからの社会を担っていく青年ががこれだけ生きづらく、将来への不安をもって生きなければならない社会って異常じゃないでしょうか」と訴えました。
その上で、「いまの安倍政権・アベノミクスには、こうした青年たちの願いを実現する中身がひとつもない。逆にもっと競争を強いて、苦しめるだけ」と強く批判。ブラック企業を国会で追及した山下参院議員の奮闘などをあげ、「この政治を変えるには日本共産党しかない」「今回の参院選で青年が希望をもって生きられる社会への第一歩としたい。ともにがんばりましょう」と呼びかけました。

新日本婦人の会内後援会常任世話人の荻野潤子さんは、3人の子どもを育てながらの実感や周りの若い母親たちの思いを語りました。
安倍政権の「女性が3年間、育休をとれるおうにする」という政策については「まったくわかっていない!」と母親たちにとても不評、「パパの長時間労働をなんとかして! 女性だけに育児をおしつけないで」「3年も育休とったら首になる。それよりも保育所をつくって」とみんな怒っていると紹介。
女性も男性も働き、子育てもともにできるような社会、人間らしく働けるルールをつくるには、大企業にも物申せる日本共産党が国会にもっと必要だと訴えました。
憲法については、「一生懸命産んで育てている子どもが、殺しあうために戦争に行かされる、戦場でレイプされるなんて考えたくもない」「二度と戦争をしないと誓った憲法を守って!」と日本共産党に願いを託しました。

兵庫県労働者後援会の土井直樹さんは、職場では非正規労働者が増え、不安定な雇用に苦しみ、正社員も朝から晩まで働きどおし、紙切れ一枚で遠くへ転勤を強いられているなど、労働者の実態を報告し、「だれがこんな状態をつくったのか、労働者に責任はあるのか。労働法制の改悪など政治が作った貧困だ」と告発。「日本共産党は労働者の立場にたつ政党。日本共産党の躍進に力を貸してください」と訴えました。







(Web版のみ)

日付順目次