記事を検索

2013年6月23日日曜日

原発廃炉を:日本共産党が兵庫県に申し入れ

関電株主として大飯停止、高浜再稼働やめ、原発廃炉の主張を


日本共産党兵庫県委員会は六月十二日、声明「高浜原発の再稼働は許されない、大飯原発を停止し、原発は廃炉の決断を」を発表。それに基づいて十四日、県会議員団とともに県に申し入れました。
申し入れ書を手渡す、ねりき、井沢、堀内の各氏

井沢孝典参議院比例予定候補、堀内照文副委員長、ねりき恵子県議団長が県庁を訪ね、藤森龍防災企画局広域防災参事らが応対しました。

藤森参事らが「新規制基準の適用について国民への説明を国に求めている」「国の指針や緊急時防護措置準備区域外の放射性物質拡散の備えの方針が固まっていないため、防災についてはさらに調査・検討中」などとこたえたのに対し、井沢氏らは、「国に先んじて県が想定を行ったことは重要」「結果に基づき、防災について検討もすんでいないうちから原発を動かすべきでないとはっきり言うべきだ」と迫りました。

(2013年6月23日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次