記事を検索

2013年6月30日日曜日

神戸演鑑7月例会:新妻聖子ひとり芝居『青空…!』

トム・プロジェクト公演

ひとり芝居、しかもミュージカル。楽しく歌うだけの舞台ではない。夢破れたひとりの女性が、自分を取り戻し、未来に向かって羽ばたく、人間再生の物語。たっぷりの詩情と、大きな勇気を与えられる骨太のミュージカルです。

そして、「青空」と題の付いたノート。折り紙の動物園。キリンのキリコ。姿の見えない祖母との対話が人間再生の役割を果たす。

野村五月、二十八歳。一カ月前に会社を辞めた。家族にも、同僚にも、その理由を告げずに、皆の前から姿を消した。

やって来たのは防空壕。祖母が死ぬ三カ月前まで暮らしていた。

そこには、「青空」と題の付いたノートが残されていた。五月に宛てたノートで、防空壕での暮らし方や、昔の情景が事細かく書かれている。五月は祖母が好きではなかった。あまりにも強い祖母の生き方が、五月を惨めにしていた。

ある日、嵐がやってきた。すまじい落雷の音。それは、爆弾の音と重なった。姿のない祖母は怯えた。慰める五月。祖母は五月の身体の中に入り込んだ。その祖母を抱きしめる五月。

やがて、嵐は去った。五月は思う、絵本、書いてみよう。

新妻聖子 「レ・ミゼラブル」等の舞台で活躍する歌姫。歌唱力と表現力は抜群。透き通った歌声の持ちぬしである。

小谷博子

神戸演劇鑑賞会7月例会/トム・プロジェクト公演「新妻聖子ひとり芝居『青空…!』」/作・演出=東憲司、出演=新妻聖子/①7月25日(木)19時、②26日(金)18時30分、③27日(土)13時30分/神戸文化ホール中ホール/会員制(入会時に入会金千円と月会費2カ月前納)、月会費3千5百円(大学生2千円、中高生千円)/☎078・222・8651、Fax078・222・8653、メールkobeenkan@nifty.com

(2013年6月30日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次