記事を検索

2013年5月5日日曜日

憲法県政の会:元気・勇気・熱気 1400人


憲法が輝く兵庫県政をつくる会は四月二十六日夜、神戸市中央区の神戸文化ホールでつどいを開き、県内各地から千四百人が参加。七月の県知事選挙の勝利にむけて決意を固めあいました。

代表幹事で医師の武村義人さんが開会あいさつ。「ことし七月は、国、県の政治をかえる大きなチャンスです。勝利をめざして、まわりの人たちへの働きかかけを強めよう」と呼びかけました。

新日本婦人の会の人たちがタペストリーをもって登壇。県本部会長の岸本友代さんらが「子どもの医療費の無料化、子育て支援充実へ、オレンジネットワークを広げ、憲法が輝く県政にかえよう」と訴えました。民医連、保険医協会の人たちが白衣姿で登壇。無保険の人や正規保険証をもたずに手遅れでなくなる事例を紹介し、国民皆保険をまもり医療を充実する知事の誕生をよびかけました。

借上住宅協議会会長の安田秋成さんは、「震災の教訓が大事といいながら、なぜ、借り上げ住宅から被災者を追い出すのか。住宅を移転せよというのは、高齢者に早く死ねということと同じ。希望者全員の継続入居へ、思いやりのあるやさしい知事を誕生させよう」と力説しました。

年金者組合の人たちがオレンジのはっぴ姿で登壇。年金引き下げなど社会保障を改悪し、自立、自助で国や地方自治体の責任をなげすてる政治を告発。「あたたかい県政の実現を」と訴えました。関電神戸支店前での原発反対行動からかけつけた青年たちが登壇。会場と一体となり「原発いらない」「再稼働反対」のコールをおこないました。

切実な要求を書いた横断幕やタペストリー、のぼりが林立し、百数十人がステージ上で見守るなか、知事候補の田中耕太郎さんが大声援と拍手で登場しました。

田中さんは、「県民の利益を守り、国のまちがった政治をただし、県政とともに日本の政治に影響を与えるたたかいとなるよう全力を尽くしたい」と決意を表明。消費税増税ノー、原発再稼働反対を発信し、高校通学区拡大やこども病院のポートアイランド移転の中止、被災者への公的支援の拡充、自然・再生エネルギーの推進、農林漁業の振興、福祉と子育て支援の充実などを訴えました。最後に、「憲法問題が政治の争点となるもとで、憲法が輝く県政をめざす私たちこそ、憲法の守り手でもあることを訴え、勝利をめざしてがんばる」と訴え、拍手につつまれました。

弁護士で代表幹事の松山秀樹さんが「憲法尊重する人こそ政治の中心に」と力説。日本共産党の金田峰生さん、兵商連会長の磯谷吉夫さん、兵庫労連議長の津川知久さんも訴えました。

最後に代表幹事で神戸女学院大学教授の石川康宏さんがSNSやブックレット『ウィーラブ兵庫』、オレンジリーフレットの活用、五月二十六日の全県いっせいオレンジ・アピールデーのとりくみなど行動提起をおこないました。


(2013年5月5日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次