記事を検索

2013年4月14日日曜日

「2000人のつどい」4月26日・神戸文化ホール

とりくみ急ピッチ―貸切バス補助も


「憲法が輝く兵庫県政をつくる会」は、四月二十六日の「2000人のつどい」(神戸文化大ホール、午後七時開会)を県知事選挙(七月四日告示・二十一日投票)にむけて、加入団体と地域の会が総結集する場として成功させようととりくみを急ピッチですすめています。

憲法県政の会は、「2000人のつどい」に参加するための大型の貸切バスには半額補助(上限四万円)をおこなうことを決めています。バス代補助は「助かる。ありがたい」と大好評です。すでに尼崎の会、垂水区の会は、バスの運行を計画中です。

各地の地域の会も、「2000人のつどい」の成功と選挙にむけた体制づくりへ、四月九日から十三日にかけて長田区の会、西宮の会、明石の会が幹事会や総会をひらくなど、とりくみがすすんでいます。

県知事選挙では、すでに現職の井戸知事が四選出馬を表明。日本維新の会が「道州制」を争点に公認候補の擁立を検討しています。

(2013年4月14日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次