記事を検索

2013年3月24日日曜日

伊丹市長選挙:市民の苦労わかる服部氏を

4月7日告示・14日投票

伊丹市長選挙は四月七日告示・十四日投票で行われます。

現市長は、八年間の「行革」で福祉医療を削減、国保税は値上げ、保育所三百人・老人ホーム五百三十七人の待機者を出す一方で、定時制高校「統合負担金」(三億六千万円)を義務もないのに兵庫県に支出、原発問題・消費税値上げにも沈黙―など市民の暮らしに背を向け、国・県の施策いいなりの市政を続けてきました。

服部よしひろ氏

こうした市政を切り替えようと日本共産党も参加する「くらしとまちに元気を 伊丹市民の会」事務局長代理の服部よしひろ氏(62)が「憲法を市政に活かします」「まちに活力、福祉と雇用まもり、温もりの市政を」とスローガンに奮闘しています。

同会は次の四つのプランを発表―

  1. 地域経済に活力、雇用をまもり創出 住宅リフォーム制度創設、公契約条例制定。若者の雇用対策強化。
  2. 子どもからお年寄りまで温もりの市政 就学援助制度充実、少人数学級拡大。中学生まで子ども医療費無料化、保育所・特別養護老人ホーム待機者解消、市バス無料パス継続、国保税・介護保険料引き下げ。
  3. 自校方式による中学校給食実現。
  4. 脱原発を発信、自然と歴史文化を生かす 「脱原発首長会議」に参加。太陽光パネル助成など自然エネルギー活用。昆陽池など環境保全と歴史的遺産と文化をいかしたまちづくり。
―その実現は、民間企業(三菱電機)で四十二年間、暮らし・権利を守る運動の先頭に立ち、働く人の気持ち、苦労が分かる服部氏でこそと呼びかけています。

同市長選には服部氏の他、自民党の推す現市長と維新の会に支援を求めた新人二人(うち一人公認見込み)が立候補を予定しています。

市民の「会」が市長選をたたかうのは二十年ぶり。三月十六日には「会」事務所を阪急伊丹駅近くの同市西台二丁目に開設。三月三十日(土)には午後二時から伊丹市商工プラザで演説会を開き、「市長選勝利!」へはずみをつけようとしています。同演説会には山田兼三元南光町長も駆けつけます。

2013年3月24日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次