記事を検索

2013年1月1日火曜日

新年からダッシュ!

二〇一三年一月 日本共産党

書記局長 市田忠義

「けふもまたこころの鉦をうち鳴しうち鳴しつつあくがれて行く」(牧水)。遊説中の車中で読んだある新聞に載っていた一首。「あくがれて行く」とは、目標に向かって自分を突き進めていく、という意味らしい。どこか自分の思いと重なるところがあってメモした。どんなに古い政治が行き詰まっても、その自動崩壊はない。“こころの鉦”を大いにうち鳴らし、参議院選の勝利へ、国民と深く結びついた強く大きな日本共産党の建設を! 新年から猛ダッシュだ。





参院議員 山下よしき

国会に戻していただいてもうすぐ六年。“あったかい人間の連帯を国の政治に”をモットーに、パナソニックなど大企業の身勝手なリストラを許さない論戦、但馬の公立病院を守り、県立こども病院のポーアイ移転に反対する論戦、阪神・淡路大震災の被災者への公的支援拡充を求める論戦など、兵庫のみなさんとスクラムを組んでたたかうことができました。引き続きご一緒にがんばります。七月の参院選でなんとしても勝利を!







衆院議員 こくた恵二

総選挙お疲れ様でした。皆様のご支援で七度目の当選を果たすことができました。引退された保守系の長老から電話がありました。「政治が右へ右へと行っている様は嘆かわしい限りです。日本共産党が国会に議席を占めていること自身が歯止めであり、ブレーキ役なのです」と私たちの役割を、ズバリ激励いただいたものです。増税ノー、原発ゼロ、憲法九条を守れという要求多数派として確信を胸に、国会内外で奮闘し、参院選で勝利する決意です。ともに頑張りましょう。







衆院議員 宮本たけし

新年明けましておめでとうございます。昨年末の総選挙では、寒い中でのご奮闘、まことにありがとうございました。現有議席を守りきれず、悔しい結果でしたが、皆様とともにかちとった議席の重さを実感しています。二倍三倍の奮闘で、消費税増税ストップ、即時原発ゼロ、TPP参加阻止、憲法九条を守るために全力を尽くす決意です。いよいよ今年は参議院選挙の年、今度こそ日本共産党の勝利と躍進を必ずかちとりましょう。





県副委員長 堀内照文

総選挙での多くのみなさまのご支援に心から感謝申し上げますとともに、近畿比例で一議席を減らし、私も議席に届かなかったことを、おわびいたします。

選挙戦では最後まで模索する有権者に、党の主張や政策、立場を届ければ届けるほど広がる、確かな手ごたえを実感しました。政治変革への国民的模索がさらに深まるもとで、多くの国民と結びつき、その苦難を軽減する展望を語りあう――国民に根を張った不抜の党をつくる(十二月十七日、中央委員会声明)ことは非常に大事な今後の課題だと思います。

今回の選挙戦で得た教訓をしっかりと掘り下げ、ただちに今年夏の参院選勝利への活動へ生かして奮闘したいと思います。





(2013年1月6日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次