記事を検索

2012年12月30日日曜日

県教委が高校入試制度「改善」

学区拡大「基本方針」すら逸脱


兵庫県教育委員会は十二月二十日、二〇一五年度からの高校入試制度の「改善」を発表しました。

県教委は一五年度から公立高校通学区を五学区に拡大再編し、複数志願選抜を全県に導入する「基本方針」を一二年一月、県民の反対の声を押し切って決定していますが、今回発表された「改善」はその「基本方針」やそのもととなった「通学区検討委員会」での議論の内容すら逸脱したものになっています。

単位制普通科・総合学科も複数志願に


現行では単位制普通科と総合学科は、定員の五〇%が全県対象の推薦入学で、残り五〇%が学区からの単独選抜です。

「改善」はこの単独選抜をやめ、一般(学年制)の普通科同様複数志願選抜に加えるとしています。

しかし、検討委員会は学年制普通科のみを取り出して「選択肢が少ない」と、学区拡大の必要を主張していました。

単位制普通科と総合学科も選択肢に加えることは学区拡大の論拠と矛盾しています。また、検討段階からこの方針が示されていれば、県民世論に大きな影響を与えたはずです。

「その他校希望」を廃止


現在、丹有、北但、南但、淡路学区以外の学区で行われている複数志願選抜では、出願時に第一、第二志望に加え「その他校」を希望していれば、第一、第二志望両方が不合格でも、得点によっては、学校は選べないものの第一、第二志望以外の高校に入学することができます。

複数志願制導入の際、「一定の点数をとればどこかの高校に入学できるという総合選抜制度のよい点も取り入れている」と説明していました。

しかし、学区が拡大されると「その他校」合格で遠距離通学をよぎされる懸念があることを県教委も認め、「基本方針」では「通学距離や時間を考慮した『その他校希望』制度となるよう、そのあり方を見直す」としていました。

「改善」では、「その他校希望」を見直すどころか廃止し、その代わりとして「第二志望の変更」を認めるとしています。これでは、意に反した通学となる高校を「自己責任」で第二志望として選ばせることになりかねません。

連携中学校以外からの合格を18%に拡大


但馬では現在、同じ地域の高校へ進学しやすいよう、高校ごとに連携中学校を定め、連携校以外からの合格者を北但では六%以内、南但では五%以内としています。

「改善」は連携校以外からの合格者比率を一八%に引き上げるとしています。地元では連携校方式が維持できないとの声があがっています。


高校学区拡大反対連絡協議会結成



この間、各地で学区拡大反対運動を広げてきた地域の会などが結集し、12月23日、高校通学区拡大反対連絡協議会を結成しました。アピール署名や議会請願、新聞意見広告などで県民世論を広げ、学区拡大撤回をめざします。

(2013年1月6日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次