記事を検索

2012年12月1日土曜日

7区:浜本のぶよし

有権者と全党励ます演説で


・・・さ・あ・総・選・挙・・・衆・院・小・選・挙・区・候・補・か・け・る・・・


(西宮市・芦屋市)


「赤旗」号外が好評です。支部が配布した号外を受け取った三十代の女性から、「共産党の四つのビジョンは大変わかりやすい」との声が寄せられ、「赤旗」日曜版を講読してくださることになりました。号外の威力は抜群です。

後日、その方が事務所にわざわざ募金を届けてくださいました。

添え書きには「月に一度息子とお寿司を食べに行くためにとっておいた分です」とありました。ほんとうに心が熱くなりました。

私が訴えをしているところにも、高齢者の方が募金を持ってこられ、「今は共産党に頑張ってもらわないと」と激励をよせてくださいました。

こうした反応に、候補者としてもたいへん励まされています。

短期決戦の中、候補者の役割は、演説で有権者の心と全党の活動を励まし、勇気と展望を与えること、一回一回の演説が真剣勝負だということを痛感しました。

政治転換へ全力をあげます。
(2012年12月2日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次