記事を検索

2012年11月25日日曜日

6区:吉見秋彦

「提言」に「今度はアンタのとこが」と


・・・さ・あ・総・選・挙・・・衆・院・小・選・挙・区・候・補・か・け・る・・・


(伊丹市・宝塚市・川西市)


総選挙の日程が決まり、いよいよ戦いがはじまります。

政治的な関心、注目が一気に高まってきました。

このあいだ街頭で「消費税がはじまって二十三年、大企業と大金持ちには法人税・所得税の最高税率を引き下げて、まけてやりながら…」と訴えていると中学生が「ひどい!がんばって」と声援を送ってくれました。

三年前の政権交代に裏切られたと思っている人にもたくさん出会いました。

「消費税増税はしかたがない」「原発もなくせないんじゃないか」そういう疑問にも提言を渡しながら話すと、「そうか今度はアンタのところが頑張らなアカンのやな」と納得してくれます。

今度の選挙は真の改革を訴える政党はどこかが問われる選挙になります。「第三極」のように政策の違いを横に置いた偽りの対立軸に左右されることなく財界・アメリカいいなり政治に審判を下す選挙にしていきたい。その先頭に立って全力をあげて奮闘する決意です。


(2012年11月25日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次