記事を検索

2012年11月25日日曜日

4区:松本勝雄

商店街の悲痛な声にこたえて


・・・さ・あ・総・選・挙・・・衆・院・小・選・挙・区・候・補・か・け・る・・・

(神戸市西区・西脇市・三木市・小野市・加西市・加東市・多可郡)


先日、小野駅前の商店街を、藤原章市議、小野支部のみなさんとハンドマイクで訴えながら歩きました。

あちこちでお店から出てこられた方が口々に「民主党に裏切られた。こんどはよく考えて決める」「スーパーの安売りに競争できない」「商店街はやっていけなくなっている。消費税が上がったらもっとひどくなる」と訴えられました。話が聞けた方はみなさん、「どんどん売り上げが落ちている」といわれました。「なんとかしてほしい」そんな気持ちがひしひしと伝わってきました。

こんな時に絶対に消費税大増税などやってはならない、増税は、経済を、営業を根元から破壊します。「消費税増税推進勢力に厳しい審判を」「日本 共産党は、消費税に頼らない別の道があると提案しています」との訴えにもいっそう力が入りました。

日本共産党の総選挙の勝利で、何としても消費税増税実施を食い止めなければと、固く決意しています。



(2012年11月25日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次