記事を検索

2012年11月18日日曜日

原発いらん! 200人がサウンドデモ

神戸でのサウンドデモ(中央は堀内照文衆院比例候補)
十一月十一日に行われた「原発いらん! from KOBE サウンドデモ」に約二百人の市民が集まりました。毎週金曜日の関電神戸支店前の抗議行動に集まっている有志が企画しました。

午後二時に三宮東遊園地へ集合。はじめにドラムのリズムにあわせて「再稼働反対」「大飯を止めろ」とコールをしてウォーミングアップをしたあと、参加者からの発言の場もありました。「大飯原発に行ってきた。こんな原発つくらせて、子どもや生き物に申し訳ない」「はじめてこういうデモの場にきた」などそれぞれの思いや状況を交流しました。

堀内照文衆院比例候補も参加し「原発はいますぐゼロしかない。みなさん頑張りましょう」と発言しました。

原発を推進する勢力と国民とのたたかいを表現した寸劇「絶対原子力戦隊スイシンジャーvs.怪人原発ZERO」も好評を博しました。シンガーソングライターの松井ロクロウさんによる歌もあり、デモ出発に向けて会場は盛り上がりました。

そうしていよいよデモに出発。太鼓やマラカス、ドラムなどでテンポ良くリズムを鳴らしながらデモを行いました。三宮センター街では通りすがりの若者たちが写真を撮ったり、手を振るなどの反応があり、大きな注目を集めました。

その後デモは、いつも抗議行動を行っている関電神戸支店前へ。「原発いらない」「大飯をとめろ」とコールをして解散しました。


(2012年11月18日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次